The things I've learned from the book "How will you live?" by Genzaburo Yoshino

  I've read the book "How will you live?" by Genzaburo Yoshino recently. And the book remimds me some important things. So I write down the things I don't wanna forget here.

 

  First, the book asked me an important question.  "What do you create for this world?". I always consume a lot of things to live. At this point I must not forget the truth that everything is made up of a lot of people's hard work. After having read this book I think I wanna produce more and more things for this world. I'm making some music, and writing some lyrics now. But it's not enough, I think. So now I'm doing like this hoping that writing this helps someone to live their life better.

 

  Second, this book describes the importance that what you feel from everything and how you live by thinking by not someone else but yourself . I think this is so important. I'm writing my lyrics everyday. To do so I read a lot of books, poem, lyrics and so on. I think the writers who emphasizes their way to feel the things have so real and unique insights, ideas and words. So their works are amazing and move my heart. So at last I'm always back to myself. I ask a lot of questions to me. "How did I feel at that time?", "How do I express the emotions you had at that time by words or sounds or way to sing?" and so on. No one teaches the answers. There're answers only in my heart. Thus as everyday I emphasize how I feel, this book's message touches my heart.

 

  Today I wrote down important two things I've learned from this book. Having read my sentences how do you feel? I hope that this may inspire you. Love from Japan.

 

Midnight Skateboarding

Midnight skateboarding tells me that we're free from everything.

We're free.

 

I kick my skateboard.

And I feel the wind.

I love the time.

And I often fall down.

But I stand up again and again.

My heart makes me do so.

Happiness goes beyond the pain.

 

My fellow and I talk about our life and art we love.

It's amazing time.

In the dark our voices  go into the sky and fade away.

The time passes away.

But our memories don't pass away.

 

Playing hard tells me the life.


同じものを追いかけた仲間がいるということ

小学生の時、学校の合唱団に入っていて毎日、朝と放課後の練習に明け暮れていた。

先日何年かぶりにそのときの仲間達と会っていた。

昔やんちゃしてた友達も子供を連れて来ていたり、静かにしてるんだけどいてくれるだけで安心感があるやつがいたり、みんなを笑わせて和ませてくれるやつがいたり、それぞれの個性があの頃のように残っているのを見て幸せだった。

久しぶりに会うのにずっと一緒にいたように暖かかった皆に感謝の気持ちでいっぱいだ。

時々ぶつかったり、噛み合わないことがあるときもあったけど、この前会ったメンバーみんな(1人だけ来れなかったけど)で全部乗り越えていって、最後1つになって音楽を奏でられた。

大きな舞台に立ってすごく緊張したけどすごく幸せだったのを覚えている。

あの頃が昨日のことのように蘇ってきた。

みんながいたから今の自分がいるということにも気づいた。

 

合唱団に入っていてよかった。

小さい頃から歌が好きだった。

皆で歌うのが楽しかった。

今思えば練習は多かったと思うんだけど当時多いとは全然感じなかった。

ただただ楽しかった。

放課後の練習が終わって日も沈んでいく中、皆でランドセル背負っていろんなこと話しながら並んで帰った日々を忘れない。

そんな日々が自分の背中を押してる。

行こうか。


人に尽くして生きるということ

昨日詞を書いていて、Shel Silversteinの"大きな木"をふと思い立って読み返していた。何度も何度も読んでいるのに読み返す度に人に全てを尽くして生きるということの美しさに涙しそうになる。感動をありがとう。本当に幸せなこととはなんなのか改めて教えてくれる。Shel Silversteinを尊敬してやまない。

この絵本の原書のタイトルは「The Giving Tree」。タイトル通り、この木は自分の全てともいっていいほどのものを少年にあげるんだ。何か見返りを求めるわけでもなく。この木はどうしてこんなにたくさんのものをあげられるんだろう。自分にも同じことができるだろうか。いつも自問する。この木が少年を思う気持ちは純粋で、献身的で、信じられないほど美しい。

自分はこの絵本の中の少年のようにすごく身勝手な人間なんだけど、いつだって心の底でこの大きな木のような人でありたいと願ってる。

人を感動させる作品を作りたい。

行こうか。